高部屋神社〔旧地/大住大明神〕(伊勢原市下糟屋字弥杉)高森神社(伊勢原市高森)

2018年03月09日

高部屋神社〔旧地〕(伊勢原市下糟屋)

高部屋神社旧地(渋田山)。

伊勢原市下糟屋の飛地、渋田山に鎮座。

平安時代まで高部屋神社が鎮座していたとされる地に残る祠。



アクセス

高部屋神社の西から県道63号を北上。

西冨岡交差点で県道603号に入り北上(途中で603号は西に折れるがそちらには行かず北上)。

ここ、洗水バス停のところで左の細い道に入ります。

(ちなみに「あろうず」と読みます)

なお、伊勢原駅北口発・日向薬師行のバスが洗水に停まりますので、徒歩の場合はそちらで。

洗水バス停

この道に入っていきます

そのまま道なりに行くと、伊勢原霊園の下に出ます。

ここで道が二又に分かれているので、左へ(右に行くと盛徳寺)。

ここを左です

200mほどいくと、開閉式のフェンスがあります。

フェンスの左手前に駐車できる程度のスペースあり。

中にも入ることはできますが、猟友会の建物があるので停めるなら了承を得ましょう(上記のスペースも含めて)。

フェンス

当日は中に猟友会の方がいてフェンスも開いていましたが、不在の時は閉じているようです。

後で高部屋神社(現社地の方)にて氏子さん達に聞いた限りでは、鍵はかかっていない(針金で止めてる?)ので開けられるとのこと。

入る時には、猟友会の方に一声掛けた方が良いと思います。犬が吠えるのでその前に気づかれますが。

祠を見に来たと言ったらわかってもらえましたが、年配の方一人が「ここは入っちゃダメなんだよ」と何度も言っていたので、あまり入ってほしくはなさそうです。

銃器による鳥獣捕獲をしているようなので、危険だからだと思われます。

氏子さん達は入っても大丈夫とおっしゃっていましたが、念のため。

跡地・祠

猟友会の建物を右手に、山の中へ

跡地の石祠

建物前から50m程度のところ、右手にあります

左の祠

右の祠

さらに先まで道は続いています

方角的にはこの先は渋田山の山頂ですが…

由緒

高部屋神社の記事をご参照ください。 当地は高部屋神社創建の地とされる場所。 平安時代までは当地に鎮座していたと思われ、鎌倉時代初期に弥杉へ(あるいは現社地へ?)遷座したとされます。

御朱印

御朱印はありません。


神社概要

社名高部屋神社〔旧地〕(たかべやじんじゃ)
住所神奈川県伊勢原市下糟屋(渋田山)
祭神住吉神?
社格等式内社 相模国大住郡 高部屋神社
御朱印なし
駐車場駐車スペースあり(要確認)

※おおよその位置



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
momijiaoi_ at 20:00│Comments(0)神奈川の神社 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
高部屋神社〔旧地/大住大明神〕(伊勢原市下糟屋字弥杉)高森神社(伊勢原市高森)